ONE-WAY MIRROR (ワン・ウェイ・ミラー)

Guillaume Bideau: Vocals
David Potvin: Guitar
Franck Potvin: Guitar
Dirk Verbeuren: Drums
Loic Colin: Bass

Biography

5人の仲の良い仲間達が集まって究極のロック / メタル・バンドを作ろうという意思の下、ONE-WAY MIRRORは06年に結成された。メンバーはギョーム・ビドー (MNEMIC)、デヴィッド&フランクのポートヴィン兄弟 (LYZANXIA、PHAZE I)、ダーク・ヴェルビューレン (SOILWORK)、ロイク・コリン (SCARVE) という豪華な布陣だ。

彼等は過去に別々のバンドで共演したこともあり、そういった活動の中で中を深めていた。そしてプロジェクトをやろうと曲を書き始め、結果ジャンルとしてメタル / ロックを扱うバンドへと成長したのだ。そして、各メンバーの影響を持ち寄ってユニークなスタイルを築き上げ、パワフルでメロディックでガツンとくるロック・アンセムを作ることにする。

2週間のスタジオ作業 (&パーティー) を経てどういう結果が待ち受けているか。もちろんアルケミーは完璧。結局11曲を書き上げたバンドは、ドラムをかのDUG OUT STUDIOでダニエル・ベルグストランド (IN FLAMES、MESHUGGAH) の下でレコーディングし、その他の部分はLYZANXIAのDOME STUDIOとギョーム・ビドーのDOGS IN THE HOUSE STUDIOでレコーディングする。プロデュースはギョームとデヴィッド・ポートヴィン。アルバムの全ての工程が終わったのは07年の10月。ミックスはデンマークのANTFARM STUDIOにてテュー・マッドセン (DARK TRANQUILLITY、HEAVEN SHALL BURN、HIMSA) によって施された。

MNEMICやSCARVEのようなフューチャリスティックでドライヴィンなサウンドに、心地良い歌メロが乗る音像は、メタルコアとヘヴィ・メタル、ひいてはハードロックにまで通ずる非常に幅の広い作品となっている。これぞ完璧なる意思疎通が成せる技と言おうか、多くのメタル・リスナーに聴いていただきたい作品だ。また80年代のヒット・ポップ曲、FRANKIE GOES TO HOLLYWOODの "Relax" のカヴァーを収録しているところも見逃せない。こういう遊び心もプロジェクトならではである。


UP