NONPOINT (ノンポイント)

Elias Soriano: vocals
Rasheed Thomas: guitar
B.C. Kochmit: guitar
Adam Woloszyn: bass
Robb Rivera: drums


Biography

NONPOINTはアルバムごとにドンドン激しさを増して来ている。彼らの8枚目のフルアルバム『The Return』も例外ではない。このフロリダ出身の5人組は1997年の結成から17年経つが、彼らの持っているエネルギーが衰えることはない。猛烈なリフ、類稀なグルーヴを生み出すベースとドラム、高速で忍耐と苦しみの物語を語るボーカルは健在だ。今回のアルバム『The Return』では、メンバーそれぞれの素晴らしさ、生々しさ、本質が良く現れている。 2012年に発売されたセルフタイトル・アルバム以降に始まったツアーは2013年後半まで続いた。前作からは"Left For You"がActive Rock Radioでヒットとなったため、それがきっかけとなってツアーは大成功となったのだ。そしてツアーが終わるとNONPOINTは直ぐに今回のアルバムの制作に入った。

ボーカルのEliasは今回のアルバム制作を始める際の心境について以下のように語っている。
「俺はツアー中、ヒップホップをよく聴いていたんだ。Kendrick Lamarの『good kid』や『m.A.A.d city』を聴き終わったとき、俺は彼のことを知っていたみたいな気持ちになったんだよね。それが俺の今回のアルバムを作成する勢いのきっかけになったんだ。それからEminemが『The Marshall Mathers LP2』で歌詞や音声面で挑戦していることを聴いたのも良いきっかけになった。彼らは2人とも大胆な声明を前面に押し出していて、これが俺がまたその方向に戻ってもいいんだって思う理由になったんだ。」

そして彼らは2014年2月にグラミーにノミネートされたこともあるプロデューサーJohnny K(DISTURBED、STAINED、MEGADETH)、そしてエンジニアのDaniel Salcidotoと共にGroovemaster Studioでレコーディングを始めた。このチームでは2度目のレコーディングである。

ドラムのRobbはJohnnyについて以下のように語っている。
「Johnnyは現在のNONPOINTの6人目のメンバーみたいなもんなんだ。彼は俺たちと共に働いて、そして彼は全く手加減をしない。録音には3週間しか掛からなかったけど、それも本当に自然な流れだったよ。彼は俺たちのバンドのこと、それから俺たち自身のことを良く理解していて、その上で俺たちが俺たちらしくするように手助けをしてくれたんだ。」

今回のアルバム『The Return』からの最初のシングル"Breaking Skin"は鋭く洗練されたギターから、勢い良くキャッチーなコーラスに展開していく。そしてそこに力強いボーカルが入るのだ。この曲は食べ物、ドラッグ、セックス、嘘をつくことを含む、色々な「依存症」について書かれたものだ。依存症は痒みのようなもので、皮膚を傷つけて(Breaking Skin)流血するまで掻きむしってしまうのに似ているとEliasは言っている。

NONPOINTは今までに北アメリカだけで80万枚のアルバムを売っている。ヒット曲には"What A Day"、"Bullet With A Name"、また、Phil Collinsのカバー曲でテレビドラマ、マイアミ・ヴァイスでも使われた"In The Air Tonight"がある。STONE SOUR、DISTURBED、PAPA ROACH、SEVENDUST、ALL THAT REMAINS、DEVICEらビッグネームとの対バンをしており、OZZfest、Rock on the Range、Summerfestなどのフェスでも演奏している。

NONPOINTの曲の詞は、聴く人を精神的に助けることでも知られている。彼らは自分たちの曲で1人でも落ち込んでいた気持ちを持ち直してくれたら嬉しいという。そして彼らの聴いた人が全員多少なりともポジティブな気持ちになって笑顔で帰ってくれて、そしてまた会いに来てくれることを望んでいるという。


UP