NIGHTFALL (ナイトフォール)

Efthimis Karadimas(エフトヒミス・カラディマス) - Vocals
Evan Hensley(エヴァン・ヘンズレー) - Guitars
Stathis Kassios(スタシス・カシオス) - Keyboards
Jorg Uken(ジョーグ・アーケン) - Drums

Biography

20年の歳月を経て、ついに世界デビューを果たすギリシャのベテランバンド!封印されし幻想と破壊の禁断の魔曲が、ついに解き放たれる!!

「Nightfall(日没)」という単語は様々なイメージを思い起こす。完全な闇を思い浮かべることもできれば、また星の瞬く空を思い浮かべることもできる。見えないもの、知らないものに挑むスリルや恐怖、何かの終わり、そして何か素晴らしいものの始まり、など様々だ。これは、この名前を持つギリシャのゴシック/シンフォニックメタル・バンド、NIGHTFALLそのものを表しているとも言える。この20年近い歴史を持つバンドは今も音楽勢力として更に飛躍しようとしている。

1991年にバンドを結成して以来、NIGHTFALLのフロントマンでありリーダーのEfthimis Karadimas(エフトヒミス・カラディマス)は常に音楽的に挑戦をし続けてきた。また怒れる知的かつ詩的な歌詞の世界を構築してきた。

Holy Recordsよりアルバム5タイトル、EP2タイトル、そしてBlack Lotus Recordsよりアルバム2タイトルを発売した後、NIGHTFALLはメタルブレイドと契約をし、8枚目のフルアルバムで海外デビューを果たすことになる。ドイツ人ドラマーのJorg Uken(ジョーグ・アーケン)がバンドにスラッシュ/デスの要素を加え、更に彼自身がエンジニアやプロデューサーとしての務めも果たした。キーボードのStathis Kassios(スタシス・カシオス)の何層にもなったハーモニーがスケールを広げ、国際進出に一役買った。そしてアメリカ人ギタリストEvan Hensley(エヴァン・ヘンズレー)がアグレッシヴで精密なリフとメ ロディックなリードを加え、楽曲にエモーションとテクスチャーを与えた。これらの新しい要素が更に強化されたボーカルと詩的な世界に加わって、新作「Astron Black & the Thirty Tyrans」が完成。バンド史上、最も有望な作品となった。


UP