GOATWHORE (ゴートホワー)

Ben Falgoust: Vocals
Sammy Duet: Guitar
Nathan Bergeron: Bass
Zack Simmons: Drums

Biography

2009年に発売された4thアルバム「Carving Out The Eyes Of God」は全米のファンや評論家から近年を代表する素晴らしいメタルアルバムであると評価され、ビルボード・ハード・ミュージック・チャートでは33位、ニュー・アーティスト・アルバム・チャートでは16位、インディーズ・チャートでは34位を記録した。2010年のOzzfest、SXSWの出演なども話題となり、世界中のメタルファンの注目を集めた。

最新アルバム「Blood For The Master」は、フロリダ州セイント・ピーターズバーグにあるマナ・レコーディング・スタジオでErik Rutanをプロデューサーに迎えてレコーディングされた。Erikは前作「Carving Out The Eyes Of God」及び「A Haunting Curse」もプロデュースしている。この10曲入り38分のアルバム「Blood For The Master」はサウンドクオリティ、コンセプト、テクニック、すべてにおいて最高点をたたき出したマスターピースである。メタルの原点に最も近づきつつ、もっとも凶暴な作品を作り出した! 日本盤にはボーナストラックとしてMotorhead「(Don’t Need) Religion」のカバー曲を収録。

GOATWHOREの代表曲の一つ「Apocalyptic Havoc」が、Xbox 360/PlayStation 3のゲーム「スプラッターハウス」や「Saints Row 3」でサウンドトラックとして使用され話題となった。また、2011年4月にはニューオーリンズのGambit Magazineが主催するThe Big Easy AwardsにおいてBest Hard Rock/Metal Artist of 2010を受賞した。


UP