BORN FROM PAIN (ボーン・フロム・ペイン)

Che Snelting: Vocals
Rob Franssen: Bass
Dominik Stammen: Guitar
Karl Fieldhouse: Guitar
Roel Klomp: Drums

Biography

BORN FROM PAINは97年の夏に結成した。80年代半ばのベイ・エリア・スラッシュ、ジャーマン・スラッシュ・メタル、ニューヨーク・ハードコア、そして90年代のフロリダのデスメタル、ニューヨークのクロスオーバーらの影響を受けている。更に、US/ヨーロッパのメタルコア....MERAUDER、STIGMATA、EARTH CRISIS、ALL OUT WAR、BOLT THROWER、OBITUARY、INTEGRITY、TESTAMENT、SLAYERなどから多大な影響を受けている。
99年にEP「IMMORTALITY」をリリースしてすぐの00年、初のフル・アルバム、「RECLAIMING THE CROWN」を発表。その後ツアーを行い、02年には2枚目のフル・アルバム、「SANDS OF TIME」をリリースし、数多くのフィードバックが寄せられた。ツアーでは、HATEBREED、MADBALLらと共演。そして2004年、アメリカと日本で海外公演を行い、翌年「IN LOVE WITH THE END」がMETAL BLADE RECORDSからリリースされた。その後に1年半にも及ぶツアーでは、HATEBREED、NAPALM DEATH、SIX FEET UNDERらと、Wacken Open Air、With Full Force Open Air、Waldrock Festival、Pressure Fest、Hell Festなど様々なフェスに出演し、南アメリカへの遠征も行った。

そして4枚目のフル・アルバムとなる「WAR」は、殺人的なグルーヴ、スピーディーなリフ、ヘヴィネス、急転直下のモッシュ・パート、そしてひとつまみのメロディ...更には社会批判、感情の乱れ、そして鉄の意志の重要さをメッセージとして詰め込んでいる!!


UP