AEON (イーオン)

Tommy Dahlstom: Vocals
Zeb Nilsson: Guitar
Daniel Dlimi: Guitar
Arttu Mallki: Drums
Marcus Edvardsson: Bass

Biography

1999年夏にTommy Dahlstöm(トミー・ダールストレム)、Zeb Nilsson(ゼブ・ニルソン)、Johan Hjelm(ヨハン・イェルム)、Arttu Mallki(アルトゥ・マルキ)の4人が所属するバンド、DEFACED CREATIONが解散を決断し、単なるオールド・スクールなデスメタルではなく、オールド・スクールなデスメタルをルーツにしながらも更にクリエイティブで先駆的なデスメタルを追究するバンドを新たに始めることにした。更にMorgan Nordbakk(モーガン・ノードバック)がフィルイン・ギタリストとして参加し、その年の秋にAEONとして“Return of Apolluon”, “Eternal Hate”, “With Blood they Pay”, “The Awakening”, “Bloodlust”, “Hell Unleashed”を収録した最初のデモを制作した。2001年5月に6曲入りのデモは『Dark Order』というタイトルでネクロポリス・レコーズから発売され、瞬く間にソルドアウト。現在でもこのデモを求めるファンは多い。

2001年後半、Morgan Nordbakk(モーガン・ノードバック)がAEONを離れ、元EQUINOX OV THE GODSのDaniel Dlimi(ダニエル・ドリミ)が加わった。ダニエルはAEONのスタイルのようなデスメタルの作曲について経験が豊富だったため、直ぐにバンドに馴染むことができた。2002年の夏、ドラマーのArttu Mallki(アルトゥ・マルキ)が脱退し、1stアルバムのレコーディングの参加の後、Nils Fjellström(ニスル・フィエルストレム)が加入した。

2003年秋、AEONは『Bleeding The False』のレコーディングを始める。このアルバムは2005年9月20日にユニーク・リーダーより発売された。この作品はメタルのアンダーグラウンドシーンにおいてファンやメディアから高く評価された。

2006年4月、AEONはCANNIBAL CORPSEと共にヨーロッパツアーを行い、そこでファンから非常に高く評価された。その年の夏、Johan Hjelm(ヨハン・イェルム)が脱退し、代わりにMax Carlberg(マックス・カールバーグ)が加入、そして7月にメタルブレイド・レコーズと契約を交わした。

2007年4月『Rise to Dominate』をレコーディング、9月にメタルブレイド・レコーズから発売された。前回のアルバムと同じように、この作品もメディアおよびファンから高い評価を受け、北アメリカツアーへの要求は高まっていった。

2009年1月、AEONはHATE ETERNAL、MISERY INDEX、SEE YOU NEXT TUESDAYと共にヨーロッパツアーに行き、その後、次回作の制作に入った。9月にMax Carlberg(マックス・カールバーグ)が脱退、元SATTRICONのVictor Brandt(ヴィクター・ブラント)が加入し、『Path of Fire』のレコーディングを行った。11月、AEONは MAYHEMの25 Years of Chaosツアーにサポートで参加。2010年1月にVictor Brandt(ヴィクター・ブラント)が脱退し、Marcus Edvardsson(マーカス・エドヴァードソン)が加入した。

2010年5月、AEONは3枚目のフルアルバム『Path Of Fire』をメタルブレイド・レコーズから発売。ミックスはフロリダ州マナ・スタジオのErik Rutan(エリック・ルータン)が手がけ、マスタリングはウェスト・ウェスト・サイド・ミュージックのAlan Douches(アラン・ドゥーシュス)が手がけた。再びデスメタル・コミュニティから絶賛される。

2012年6月1日、AEONは4枚目のフルアルバムであり、メタルブレイドからの3枚目のリリースとなる作品『Aeons Black』のレコーディングに入った。このレコーディングの20分のドキュメンタリーも制作された。


UP