news headline

DESTRAGE最新アルバムよりミュージックビデオ第2弾公開

DESTRAGEの3枚目のフルアルバム「Are You Kidding Me? No.」は日本盤が2月26日、日本以外の地域では3月5日に発売されるが、この最新作から早くも第2弾ミュージックビデオ”Purania”がFEARnet.comでプレミア公開された。

FEARnet.com DESTRAGE “Purania” 掲載ページ
http://goo.gl/P4gOCF

このビデオのコンセプトはギタリストのマット率いるTJS Collectiveによって創作され、Sara BertagnolliとGianluca Paganiがプロデュースした。

DESTRAGEは今回のビデオのコンセプトとアニメーションについて以下のように語っている。
「俺たちがこのビデオを撮影したのは今年1月の物凄く寒い日曜日だった。寒いと人って目を覚ましていられるし、反発しやすくなるんだね…その日まで知らなかったよ。それはさておき、今回のビデオの制作にはたくさんの人が関わっているんだ。The Jack Stupid Collectiveがバンドと一緒にコンセプトを考えて、脚本を作って、スタイルを考えて、政策の枠組みを作ったんだ。膨大な量の作業をこなしたよ。ロケーションの管理、完全に使われていない倉庫をビデオに使えるようにデザイン、キャスティング、イラスト、俳優とエキストラの管理、全体の計画とかね。撮影監督やカメラオペレーター、電気技師、セットを作ったり撮影したりするのに必要な人材も雇ったりして。撮影が終わったら今度はまたThe Jack Stupidが数ヶ月掛けてポスト・プロダクションに取り組んで仕上げた。」

「本当に大変で疲れるプロセスだったよ。アニメーションの各コマの絵が特にね。でも完成した作品の出来栄えには凄く満足してるんだ。関係した人たち皆に心から感謝したい。」

「物語はある架空の町、Puraniaを舞台にしてる。個人の選択は完全に禁止されていて、政府の中枢部が町に「セレクト&ディフェンド」っていう軍隊を解き放って人々をコントロールしている。この軍隊は『ブレイマー』と『イレイサー』の2つに分割されている。そして政府が『ザ・コヒーレント』と呼んでいる、ある地下組織が反乱を計画しているんだ。」

また、DESTRAGEは第1弾ミュージックビデオ”My Green Neighbour”のメイキング映像を公開している。

Destrage
Are You Kidding Me? No.
2012.09.26


up

GWAR世界制征服への道

世界征服のために活動を続けているGWARが、この度オーストラリアと日本ツアーの実施を発表した。オーストラリアではサウンドウェイヴ・フェスティバルに参加することになっている。オーストラリア・ツアーではAmon Amarth、Satyricon、The Black Dahlia Murderがサポートアクトとして登場することになっている。

そして、このロック界で最も悪趣味で吐き気を催すスペクタクルなバンドが、はるか南極大陸から日出国へ向かうことになった。そう、28年間の絶え間ないツアーの後、遂に日本のツアーが決まったのだ。

長い間彼らがツアーで日本を訪れるのを待っていた日本のGWARファンへの朗報となったこのツアー、大阪と東京、2箇所で行われる。

《サウンドウェイヴ・フェスティバル 2014》
2/22: Soundwave Festival Brisbane
2/23: Soundwave Festival Sydney
2/28: Soundwave Festival Melbourne
3/1: Soundwave Festival Adelaide
3/3: Soundwave Festival Perth

《オーストラリア・ヘッドライン・ツアー》
With Amon Amarth, Satyricon and The Black Dahlia Murder
2/26: Sydney, Australia @The Factory Theater
2/27: Melbourne, Australia @ 170 Russell

《日本侵略ツアー》
3/6: Osaka, Japan @ Big Cat
3/7: Tokyo, Japan @ Akasaka Blitz

up